プレミアム・ギリシャ・ワイン 今日の一本 3/29

84673510_o1

YORUGOSがお勧めするプレミアム・ギリシャ・ワイン 今日の一本

アルファ・エステイト

「アルファ・クシノマヴロ・リザーブ・ヴィエイユ・ヴィーニュ」

ギリシャ固有品種クシノマヴロ100%

2013年 The Wine Advocate, Robert Parker 91ポイント 獲得

明るいルビー色が輝かしいギリシャ北部で盛んに栽培されるクシノマヴロ、特に樹齢80年以上の特別なブドウ畑からのブドウを原料に使用した極上プレミアム・ワインです。

複雑なノーズからはドライトマト、赤いベリー、苺、ダークチェリーやリコリスを始めとする様々なスパイスを思わせます。フルボディで濃厚なフルーツの深みがありバックにはブラックベリー、プラム、微かなハーブとオークの香りがあります。滑らかなタンニンを含み、後味には心地よい香りが持続します。

AE_AERed_ph01 ギリシャというと暑いとか、一年中温暖な気候のイメージを持たれる方がいらっしゃいますが、北部の地域では降雪量の多い地域がたくさんあります。このワイナリー、アルファ・エステイトの自社農園もフロリナ県アミンデオという海抜620〜710mに位置し、乾燥した夏を乗り切るのに充分な水分を冬季の降水量と積雪でまかなっています。このことに代表される恵まれた栽培環境で作られる多くのブドウ品種がこのワイナリーをギリシャ・トップ・ブランドとしての世界的評価に繋がっていると言えるでしょう。

鴨肉やラムとの相性は格段に素晴らしく、日本料理ではすき焼きとのカップリングをお勧めします。熟成したチェダーなどのチーズにも良く合います。

お求めはYORUGOS web-shopで。

※未成年者の飲酒は法律により禁止されています。

プレミアム・ギリシャ・ワイン 今日の一本 3/27

84681102_o1

YORUGOSがお勧めするプレミアム・ギリシャ・ワイン 今日の一本

「アマリア・ブリュット・スパークリング」

モスホフィレロ100%

https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=RnEIDepFUXQ

 

ペロポネソス半島を代表するワイナリーによる天然スパークリング・ワイン。

毎年9月に行われるアテネ〜スパルタ間およそ246kmを2日間かけて走りきるレース、スパルタスロンのコースにも入っている都市「テゲア」のぶどう園で収穫されたギリシャ固有品種モスホフィレロをシャンパーニュ方式により発酵させました。

色は薄黄緑色でバラの花びら、ブリオッシュとハチミツの香りが気持ちのよい酸味と相まって繊細な泡立ちとともに特別な空間を華やかに演出します。

白身の魚料理、魚介のグリルのほか、豆腐料理にもマッチします。

 

お求めはYORUGOS web-shop で。

※未成年者の飲酒は法律により禁止されています。

プレミアム・ギリシャ・ワイン 今日の一本 3/25

84677978_o1

YORUGOSがお勧めするプレミアム・ギリシャ・ワイン 今日の一本

ドメーヌ・シガラス

「サントリーニ」

ギリシャ固有品種アシルティコ100%

色はやや緑がかった黄金色、香りは柑橘系の香りがほのかに漂います。しっかりとした構成で味に深みがあり、酸味が更なる風味を与え、余韻が長く味わえるサントリーニ島が世界に誇る人気のワインです。

日本では白い壁と青い屋根の建物、ブライダルやテレビのCMの舞台になったりするサンセットがとてもキレイで有名な観光地であるサントリーニ島。ギリシャ国内でも指折りのワイン生産地であります。

HEPO

19世紀末、害虫フィロキセラの影響によりヨーロッパ全土のブドウ樹は壊滅的な打撃を受けました。ところがエーゲ海に浮かぶサントリーニ島はその影響を全く受けることなく古代から受け継がれる土壌で今も盛んにワイン作りが行われています。紀元前の大噴火により生まれた火山島であるサントリーニ島の土壌は火山灰質で成り立っています。一定のストレスを受けながら育つ固有品種アシルティコからは心地よい酸味の利いた深い味わいの白ワインが出来上がります。強めに冷やし、地中海で穫れる新鮮なタコやイカ等の魚介類のグリルと合わせて豪快に飲むのが現地の伝統的な楽しみ方だとか。そのアシルティコを世界に広く知らしめる活躍をしたのがこのドメーヌ・シガラス「サントリーニ」です。毎年世界各国のワインコンクールで高い評価を得ているこのギリシャ・ワインは日本食との相性もすばらしく、いくら、うに、貝類全般といった刺身、寿司や天ぷらにはとても良く合います。

お求めはYORUGOS web-shopで。

※未成年者の飲酒は法律により禁止されています。